頭皮に良いシャンプーの見分け方

頭皮に良いシャンプーの見分け方は、成分表示を見るとよいです。大事なのは、界面活性剤にどんな成分が使われているかです。低刺激なもので作られているシャンプーがおすすめです。アミノ酸系シャンプーは、髪の成分と似たアミノ酸で作られているので、頭皮に良いシャンプーと言えます。
髪とのなじみが良いので、しっとりとした質感の髪質になります。ただ、洗浄力や泡立ちはよくありません。タウリン系シャンプーも、含硫アミノ酸と呼ばれるタウリンをベースにして作られているので、マイルドな洗浄力で刺激が少ないです。ただ、このタイプも泡立ちはよくありません。ベタイン系シャンプーは、両性界面活性剤で、低刺激で眼刺激性も少ないのでベビーシャンプーによく使われています。洗浄能力は高く、髪の補修効果も期待できます。頭皮に良いシャンプーで一番おすすめできるのは、アミノ酸系シャンプーです。肌への刺激が弱く、頭皮にやさしくなっています。洗浄力は高くないので、脂質の人にはおすすめできませんが、そうでなければ、洗浄力が高くないのはプラスに働きます。皮脂を取り過ぎないので、皮脂膜で頭皮の乾燥を防ぐことができるメリットがあります。

頭皮の湿疹対策